UCアコード研究ワーキンググループ
UC accord research workgroup


UCアコード研究ワーキンググループ(RWGS)は
以下の3つの分野で確立されているとのことです。
UC accord research workgroup (RWGS) is
if it is established in the following three fields.

・数学
- Mathematics
・アフリカ系アメリカ人学生の教育と学習
- An African American student's education and study
・英語学習者の教育と学習
- An English student's education and study


教科や、社会的、文化的、言語的多様性を教えることで、
知識のボディを一緒に持って来るように選択された。
コンテンツ命令および多様な学生集団に焦点を当てては
ほとんど研究が現在もある。
これらの問題はほとんど相互に通信しない
これらの分野での文献や研究者の2を別体で対処している。
By social and teaching [ a subject and ] cultural and
linguistic diversity, it was chosen so that the body of
knowledge might be brought together.
If it focuses on a contents command and various knots of
students, there is almost research still now.
These problems hardly communicate mutually.
2 of the literature in these fields or a researcher is
coped with with another object.

UCのアコードは、次の分野でのさらなる
研究ワーキンググループを開始しているとのことです
UC accord is if the further research
workgroup in the following field is started.



・科学
- Science
・教育におけるテクノロジー
- Technology in education
・教師の準備
- A teacher's preparation

RWGメンバー


研究ワーキンググループのメンバーは、学問分野のリーダー、教育研究と政策と
K-12教育者や地域社会のリーダーを含むように選択された。
これらのそれぞれが相互の影響すると思われる。

個人はUCアコードRWGSが教育改革への取り組みと、異なるコミュニティ間の
合意を偽造する能力で自分のリーダーシップに基づいて選択した議長に尋ねた。
すべての研究ワーキンググループのメンバーは、自分の時間を貢献しています。

研究ワーキンググループについて
About research workgroup

グループについてはよくわかっていません。
参加大学の政策決定者、研究者、教師、アウトリーチ・スタッフおよび
学生らが主体となっていると思われます。
資金や技術が不足し、研究がとまってしまうことは、
よくないことなので、資金や技術などの支援を行うグループが必要です。
資金や技術などの情報は、それぞれの機関・スタッフ・
教師・学生らによって提供されているようです。


About a group, it does not understand well.
The policy maker, the researchers, the teachers,
the outreach staff, and the students of
a participating university are
considered to be a subject.
Since it is that it is not good,
the group which supports funds,
technology, etc. is required for funds and
technology running short and research stopping.
It seems that information, including funds,
technology, etc.,
is offered by each organizations,
staff, teachers, and student.

This page explains UC ACCORD. Moreover, since it is the past explanation, refer to the formal homepage (http://ucaccord.gseis.ucla.edu/) of UC ACCORD for the newest explanation.

更新履歴
Update history

14/6/4 大幅更新
14/6/4 Updated

14/05/21 更新
14/05/21 Updated

14/04/08 更新
14/04/08 Updated

Go to TOP